うさぎのラテタイム

夫の転勤で長野県に住む40代の主婦が、2人暮らしの生活や思いを綴ります。皆さんのホッとひと息つける時間のお供になれますように。

ヒルナンデス マジックミシンのワンピース&デニムリメイクが気になる♡

f:id:mikeusagitan:20190704160501j:plain

7月3日(水)のヒルナンデスで「思い出の洋服をリメイク」のコーナーをやっていました。

リメイクのコーナーって何かワクワクしませんか?

ビフォーアフターが気になってついつい見てしまいます。

番組内容のまとめと、私が調べたプチ情報をご紹介していますので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

 

  

ヒルナンデスに登場したリメイク屋さんはココ!

今回は、千葉県の「リフォームスタジオ」でリメイクをお願いしていました。

↓↓↓

https://www.reform-s.com/

「リフォームスタジオ」で洋服をお直ししたい方は、「マジックミシン」の店舗をこちらから検索するとスムーズです。

↓↓↓

店舗検索|洋服のお直し・洋服リフォームのマジックミシン

 

 

「思い出の洋服をリメイク」のコーナー詳細

 出演者:ブルゾンちえみさん、木下隆行さん(TKO)、滝菜月アナウンサー

 

1.ワンピースのデザイン変更リメイク

依頼者は、20代女性でした。

リメイクするのは、ご主人からホテルでプロポーズを受けた時に着ていた黒いワンピースでした。

丈が短めで、前も後ろも襟のあきが深いセクシーなワンピースです。

こちらを、入学式などにも着られる上品なワンピースにリメイクして欲しいというのが依頼者の希望でした。

「リフォームスタジオ」のベテラン担当者が襟や裾のデザインの候補を提示して、依頼者の希望を聞きながら、リメイクを進めていきました。

襟は、レースをあしらって、元々広く開いていた襟元が、カバーされていました。

裾は、丈を長くするために、裾より少し高い所にレースを入れることで、丈を長くしていました。ただレースを入れると少し下品になるということで、レースの裏にオーガンジーの生地を入れて透け感を抑えるという技もありました。

そして、ワンピースの元々の前と後ろを反対に着たいという依頼者の希望を、ファスナーを付け替えるなどして見事に叶えていたのには驚きました。

出来上がったワンピースに依頼者は大満足で、ご主人にも褒められていました。

お子さんが、ワンピ―スが入った箱にお菓子が入っていると思い込んでいて、洋服が出てきたことに驚きとショックを受けていたのが可愛らしかったです。

リメイク費用は32,000円でした。

 

2.デニム(ジーンズ)からバッグ作成

f:id:mikeusagitan:20190704161852j:plain

依頼者は3人のお子さんのいる女性でした。

リメイクするのは、昔、大学の入学祝に祖父?祖母?に買ってもらったバーバリーの高級ジーンズでした。

産後に体形が変わってしまって履けなくなってしまったので、バッグにリメイクして欲しいという依頼でした。

前のチャックの所と、裾の折り返しのバーバリーチェックの生地を生かして欲しいという希望を叶えながら、トートバッグにリメイクすることに。

裏の生地や、持ち手の革の部分などは、依頼者の希望を聞きながら、沢山の種類の中から選んでいました。

トートバッグを作成しても、まだ生地が余っていたので、息子さん達2人のサコッシュというバッグもお揃いで作成していました。

出来上がったバッグに依頼者の女性も喜んでいました。

息子さんが「何を入れるか?」ときかれて、「キュウリ」と答えた食いしん坊ぶりが可愛いかったです。

リメイク費用は55,000円でした。

 

「リフォームスタジオ」のその他のサービス

「リフォームスタジオ」は「リアット」という店舗で靴の修理などもやっています。

↓↓↓

店舗検索|靴修理・バッグ修理、クレンジング&ケアのリアット!

 

まとめ

いかがでしたか?

思い出の洋服が、また使えるアイテムに変身するのは見ていて、本当に楽しいですね。

「リフォームスタジオ」さんのベテラン担当者の方の、思い切ったハサミの入れ方や、いろいろな技も、素人からすると感動でした。

洋服も、靴もバッグも、リメイクやクリーニングで長く使うのも素敵ですね。

この記事が皆さまのお役に立ちましたら嬉しいです。