うさぎのラテタイム

夫の転勤で長野県に住む40代の主婦が、2人暮らしの生活や思いを綴ります。皆さんのホッとひと息つける時間のお供になれますように。

シューイチで紹介! 自分婚という選択もあるらしい

f:id:mikeusagitan:20190603170856j:plain

6月も今日で終わりですね。

6月と言えばジューン・ブライド。

2019年6月30日(日)、日本テレビのシューイチ、中丸雄一さんの「つぶやきハンタージューンブライド編」のコーナーで、「自分婚」というのを紹介していました。

私は自分婚って初めて聞いたのですが、みなさんは知っていましたか?

私なりにまとめてみましたので、未婚の方も、既婚の方も、気軽に読んでみてくださいね。

 

 

「つぶやきハンタージューンブライド編」

 

興味深々で見ていると、自分婚を実際にした女性が結婚式をした時のことが紹介されていました。

ウェディングドレスを着て、出席者もいて、普通の結婚式と同じようだけれど、違うのは「自分自身と結婚する」ということ。

「生涯、自分自身を愛することを皆の前で宣誓する。」

というのがポイントらしいです。

中丸くんもタキシードを着て、最後にそれらしき宣誓をやっていました。

自分婚というよりは、「まじっすか」についての宣誓みたいな感じだったけど。笑

 

「自分婚」とは

f:id:mikeusagitan:20190405153046j:plain

 

ここ数年、海外の、特に欧米の方の間で流行ってきている結婚の形で、日本にも自分婚をする方がちらほら出てきているようです。

生涯自分を愛することを皆の前で誓い、自分と結婚するという結婚の形です。

法的には認められていません。

結婚はしたくない人、自分を肯定する機会と考える人、ウェディングドレスを一度は着てみたかった人など、人によって動機は違うようです。

自分婚をした人の中には、いい人と出会えたら、普通の結婚をする人もいて、必ずしも一生一人で生きていくという誓いというわけではないみたいですよ。

自分婚について思うこと

 

自分婚って、日本でするとしたら、かなり勇気がいることだろうなぁと思いました。

私だったらかなり躊躇すると思います。

「痛い」とか、ナルシストとか思われるのを恐れたり、周りの人を呼んでまでやることか、と思われそうとか、他人の目を気にしてしまいます。

だけど、それでもそれをやろうとする人って強いなぁ、と思います。

たとえウェディングドレスを着たいというのが最初の動機だったとしても、皆の前で、自分を愛することを誓うんですよ。

やっぱり、そうまでしても打ち破りたい何か、自分にとっての意味を感じている人の意気込みとか、パワーを感じます。

なんか能動的な成人式のようにも思えます。

20歳の時の成人式は、自動的に、受動的に大人になる儀礼だと思うんですけど、自分婚は、

「自分はこうやって生きていきます!」

って、周りのみんなを呼んで伝える。

う~ん、力強いですね。

人間として一皮むけそうな気もします。

 

私もやっちゃおうかしら。

まぁ、私の場合はもう一度ウェディングドレスを着る口実になりそうですが。笑

 

自分婚って、新しいですね。

 

ちなみに、こちらリーズナブルな価格でウェディングドレスを販売している通販サイトです。

自分婚への敷居も低くなるかもです。

↓↓↓ 

------------------------------------------------------ 高級ウェディングドレスが最大90%OFFの通販サイト【DressyOutlet[ドレシーアウトレット]】 【最大90%OFFのセール開催中】Dressy outlet byプラコレは、
ウェディングドレス・カラードレス・タキシード・和装・結婚式アイテムを公式扱うウェディングドレス通販サイトです ------------------------------------------------------

 

最後までお読みくださいましてありがとうございました。