うさぎのラテタイム

ホッとひと息つけるラテタイムのお供に。グッとくる情報をお届けするブログです。

センス抜群☆ 東京のおすすめケーキ 春日の アヴランシュ・ゲネー

先日、数年ぶりに、東京の春日のケーキ屋さんに行ってきました。

私達夫婦は夫の転勤で長野県に住んでいますが、時々東京に行くことがあります。

 

都営三田線・大江戸線の「春日」駅から徒歩2、3分のところにある「アヴランシュ・ゲネー」

まだ結婚する前に、時々夫がケーキを買ってきてくれていたパティスリーで、思い出のお店です。

真っ赤な店構えで目立つのでわかりやすいと思います。

↓↓↓

 

「アヴランシュ・ゲネー」の赤い色の店舗


お昼にうなぎ屋さんに行った後、

「アヴランシュ・ゲネーでケーキを買ってからホテルにチェックインして、冷蔵庫に閉まって出かけて、夜ホテルに帰ってからケーキを食べようか?」

という夫の提案でした。

東京近郊に住んでいる方も、遠いけどケーキ好きの方も、ぜひ読んでみてくださいね。

 

  

アヴランシュ・ゲネーについて

こちらのパティシエの上霜考二さんは、かなり実力のある方のようです。

フランスのノルマンディーのパティスリーで修行をした後に、日本に帰国し、インターコンチネンタル東京ベイ、オテル・ド・ミクニなどを経て、パティスリー・ジャン・ミエ・ジャポンのシェフパティシエに就任されました。

その後2008年に、神楽坂にあるアグネスホテル東京のパティスリー「ル・コワンヴェール」の開店から2015年までシェフパティシエをされていました。

2011年に公開された映画「洋菓子店コアンドル」はこの「ル・コワンヴェール」がモデルで、映画の製菓監修も上霜さんがされています。 

その後2015年に、ご自身のお店の「アヴランシュ・ ゲネー」をオープンされています。

ちなみにお店の名前の由来については、 

 

 「シェフ上霜考二の原点。

フランス ノルマンディー Avranches。

初めての修行先のオーナー・パティシエ Guesnay氏。

Avranches Guesnay の由来です。」
(アヴランシュ・ゲネー公式HPより引用)

 

ということでした。

なんか前はなかなか憶えられない名前だと思っていたけれど、由来を知ると、かっこいいですね~。 

上霜さんがいなくなってからのアグネスホテル東京のル・コワンヴェールに行きましたけど、たしかにアヴランシュ・ゲネーのケーキやお菓子と似ていました。

同じ人が作ったレシピだから、そうなのですね。

ちなみにル・コワンヴェールはこの秋に新しいシェフパティシエを迎えて再オープンしたそうです。

こちらも行ってみたい!

www.agneshotel.com

 

 

  

ケーキ実食レポート!

さて、夜ホテルに帰ってからお楽しみのケーキタイムです。

 

「アヴランシュ・ゲネー」の紙の手提げバッグ

アヴランシュ ゲネー の紙バッグはお店と同じこんな真っ赤なのです。

もう22時近くだけれど(こんな時間にいいのかしら!汗)



テーブルに置かれたケーキとコーヒー

冷蔵庫に閉まってあったケーキを出して、お皿にのせて、コーヒーもドリップしました。(滞在型のホテルだったので、お皿やフォークなどもあったんです。)

それでは、いただきます!
 

 

焦げ茶のチョコレート色の丸いケーキ

夫が食べた方なんですけど、名前がわからないと思ったら、レシートにありました。

「Tarte gianduja citron」(520円税抜)ですって。

 一口もらって食べたら、ナッツっぽいクリームの味がしました。

夫にも確認してみたら、

「高級なチョコタルトかな~、美味しかったよ。」

と言っていました。

 

 

キャラメル色で円柱形をしている、つるんとした表面のケーキ

「ルナール」(520円税抜)です。

たしかこれは看板商品の1つだったと思います。

箱から出す時にちょっとひっかけてしまって、上の方が少し欠けてしまいました。。

これは前にも食べたことがあるんですけど、初めて食べた時の感動が忘れられません。

柔らかいキャラメルでコーティングされた中に、ショコラオレムースが入っていて、その中にさらに、ヘーゼルナッツクリームが入っていて、何とも言えない柔らかさと美味しさなのです。

そして、ムースの下の方にオレンジのコンポテが入っていて、その下にシャリシャリするアーモンドスライスがあります。

この甘いムースとオレンジの酸味とか、アーモンドとかのマリアージュが、たまりません~!

 

透明なガラスカップに入ったクッキーや柿やクリームが層になったケーキ

 「Madame segoshi」(500円税抜)

たぶん新作です。

ショーケースで見た時に、「Nouveau」らしき単語が書いて あって

「ヌーヴォー、で新作って書いてあるんじゃない?」

と夫が言いました。

私は読めなかったけど、柿らしきものが見えたので、旬のものを使っていて食べてみたいと思ってこちらを選びました。

お味はですね、上のコロコロしたクッキーみたいなのが、ほろ苦くてシナモン?コーヒー?ちょっとはっきりわからなかったのですが、いきなり美味しいです。

その下に、クリーム?ムース?などがあって柿が入っていて、一番下には白い柔らかいクリームがあります。

それらをスプーンを縦に入れてすくって一緒に食べると、苦味やら甘みやらが絶妙に混ざりあって、濃厚で

「何これ?美味しい~!」

と思わず声が出ました。

こちらは夫と一緒に食べたので、夫も美味しいと、うなっていました。

一番下の白いクリームなんて、普通ミルクっぽい味かと思うけど、まさかのほろ苦系で、意外性がありました。

やっぱりシェフのセンスを感じずにはいられません。

 

クリスマスケーキもありますよ!

ロールケーキ状で、クリームや苺でデコレーションされているケーキ

何年か前、アヴランシュ・ ゲネーで予約して買ったクリスマスケーキです。

あの赤いお店に2人で受け取りに行きました。

中で作っている人達の様子が見える店内なので、作っている様子を見てワクワクしたのを覚えています。

 

ケーキにロウソクが2本立てられ、火がともっている。

もっとロウソクくれたと思いますけど、ロールケーキだから2本しか立てなかったんだったかな?

カットした写真がないのが残念なのですが、中もちょっと凝っていて、カットしても「おっ!」という感じになった記憶があります。 

 

2019年の「アヴランシュ・ゲネー」のクリスマスケーキチラシ

アヴランシュ ゲネー の今年のクリスマスケーキのチラシが今回買った時の紙バッグに入っていました。

 

 

アヴランシュ・ゲネー オンラインショップ

ケーキは実店舗でないと買えませんが、焼き菓子や「ギモーヴ」というお菓子などは、公式ホームページで購入することができます。

www.avranches-guesnay.com

 

アヴランシュ・ゲネー 店舗情報

住所:東京都文京区本郷4-17-6 1F

電話:03-6883-6619

アクセス:都営三田線・大江戸線「春日」駅(A2出口)から徒歩2分、東京メトロ「後楽園」駅から徒歩3分、JR「水道橋」駅から徒歩10分

営業時間:10:00~19:00

定休日:アヴランシュ・ゲネー公式HP参照 Bienvenue - AVRANCHES GUESNAY

*定休日カレンダーがありました。

 

まとめ

私達夫婦のお気に入りの「春日のケーキ屋さん」だったはずの アヴランシュ・ ゲネー ですが、今回この記事を書くにあたって食べログを見たら「スイーツ百名店TOKYO2019」に選ばれていたと知りました。

既ににかなりの人のお気に入りになっていたようです。(笑)

アヴランシュ・ゲネー のケーキの魅力は、センスがキラリと光るお味やデザインだと思います。

今回久しぶりにケーキを食べてみて、

「やっぱり驚かせてくれるな~。」

と嬉しくなりました。

だから、自宅用はもちろん、手土産やギフトで「人と差をつけたい!」という時などにはピッタリだと思います。

また今度食べる時が楽しみです。

気になった方は、ぜひ一度は行ってみてくださいませ。

お読みいただきまして、ありがとうございました。