うさぎのラテタイム

ホッとひと息つけるラテタイムのお供に。グッとくる情報をお届けするブログです。

凪のお暇 第7話 あらすじ&感想 切ない慎二!凪のウィッシュは?

8月30日(金)よる10時から、黒木華さん主演、高橋一生さん、中村倫也さん出演の「凪のお暇」第7話が放送されました。

今回は、あらすじを細かめに書いてみました。

ちょっと長めですが、どうぞおつきあいくださいませ。

f:id:mikeusagitan:20190901113051j:plain

 

 

凪のお暇 第7話 あらすじ

ガレット屋さんで、ランチをする慎二(高橋一生)と市川さん(唐田えりか)。

慎二は凪(黒木華)がゴン(中村倫也)と別れたことを知りうわの空で、市川さんも慎二から凪に同僚として紹介された時のことを思い出していました。

そこへ会社の同僚の足立さん(瀧内公美)達がやってきて、わざとらしく挨拶して近くの席に座ります。

慎二は営業中のランチを装おうとしますが、2人のことはバレていると悟りました。

 

花火大会で、凪に倒れ込んだゴンを快方する凪。

そんな凪に胸が苦しくなるゴンでした。

またただのお隣さんとして遊んでもらいたいと言うゴンに、凪は快諾するものの、ゴンの目に見つめられて動揺するのでした。

 

凪が部屋に戻り、忘れていった携帯を見ると、母(片平なぎさ)から36件も着信がありました。

母に、おばあちゃんから引き継いだぬか床のことを言われてハッとする凪。

ぬか床を引越しの時に捨ててしまったと気付きます。

 

坂本さん(市川実日子)が勤めていたドリームランナーズにメルマガ登録していた慎二は、メルマガから、兄がライフスタイルコンサルタントを名乗って活動していることを知り驚きます。

 

コインランドリーで話す凪と坂本さん。

凪は代々引き継がれたぬか床をなくしたことを打ち明けます。

そこへ経営者のおじさんが入ってきて、

「暇しているならコインランドリー継いでくれない?」

と言いました。

2人はコインランドリーが閉店することを知るのでした。

 

 

エレガンスパレスの中庭?でみんなでお好み焼きを食べています。

コインランドリーが閉店する話題になり、坂本さんがコインランドリー経営するのもありかもしれないと発言します。

「でも、そんなお金」

という凪に、坂本さんも夢だと話を終わらせます。

凪は引越し当時に書こうとしたウィッシュリストの話をします。

そして、みんな順番に画用紙にかなえたいウィッシュを書きますが、凪は「でも」と言ってゴンにふってしまいます。

ゴンは仕事を思い出し、ウィッシュは書かずに外出していきました。

 

シゲタ電機のイベントに100台新商品を準備することになった慎二。

トイレで「我聞慎一ちゃんねる」を発見します。

ラインを送るも兄から返事は全くありません。

動画の中にゴンが映っていることに気付いた慎二は、慎一がゴンのライブハウスに来ているかもしれないと、ゴン達にききにいき、慎一を見かけたらすぐに連絡して欲しいとお願いしました。

中学受験に失敗してからおかしくなった兄の経歴をゴンに話す慎二。

家の体裁を心配していました。

そんな慎二にゴンは

「我聞君は、ウィッシュってある?」

「何も望まれてなくてもしてあげたい。凪ちゃんが喜ぶことを。初めてなんだよね。こんな気持ち。」

と打ち明けました。

 

コインランドリーで、凪は、ここで待っている時間が好きだと、経営者のおじさんに話ますが、おじさんは息子がコインランドリーを更地にして貸す算段だと話します。

 

ドラッグストアになってしまうと知った凪とうらら親子は、翌日ドライブに向かいます。

みすずさん(吉田羊)は、途中で凪に運転するようにと半ば強引に凪を運転席に座らせます。

みすずさんは凪に「でも」が口癖になっていると指摘します。

凪は実際に運転してみると、運転が気持ちよくて楽しいものだと感じます。

みすずは凪に、車でしか行けない所や景色があり、想像してみると、胸がわくはずだと話します。

想像してみた凪の頭に浮かんだのはコインランドリーでした。

 

ウィッシュノートを持って、コインランドリーに来た凪、坂本さんもコインランドリーに来ていました。

試しに現実的にコインランドリーの経営を考えてみないかと提案する凪に、同じ気持ちだった坂本さんは、事業計画書を作っていました。

 

バブル2号店にやってきた慎二は、ママ(武田真治)たちに、凪が元カノだとバレていることを知ります。

ママは慎二を隠して、おつかいから戻った凪に、慎二とよりを戻す方向で諭そうとします。

 

 「つきあっていたんでしょ?」と切り出して、いい感じに慎二をほめます。

凪も、坂本さんの件は慎二のおかげだし慎二のよさにも気づいたと話します。

慎二のことはもういいのかと問うママに。

「もういいです。」

と即答しました。

昨年のドライブの渋滞でイライラする慎二を思い出し、助手席に乗せてもらうのが当たり前と思っていたような、慎二と居た頃の自分には戻りたくないと話します。

慎二とよりを戻すことは300%ないと言い切りました。

それを聞いて、隠れていた慎二が飛び出し、自分の方が復縁は800%ないし、彼女ができた、とも告白します。

「そうなんだ。よかったね。」

とサラッと言葉を返す凪でした。

 

 

足立さんににランチに誘われる市川さん。

「大島さん元気かな?」

足立さんは、とスマホで凪の写真を見せ、慎二のの元カノであることを市川さんに教えます。

市川さんは、先日のボーイが凪のことだと気付きました。

 

シゲタ電機のイベントが近づく慎二に、シップバックで商品が全部中国に戻ってしまったと電話が入りました。

100台を今から国内で集めるのは厳しいものの、社内で奔走する慎二。

「我聞さんならなんとかなるでしょ?」

とみんなに言われますが、商品を集められず苦戦します。

 

慎二に母から電話が入り実家に帰ると、兄の慎一の活動のことを知った母が世間体を気にしてヒステリックなっていて、慎二は自分がなんとかすると言います。

 

エレガンスパレスの中庭のテーブルで、テーブルに伏せて寝ている凪の、ウィッシュリストをゴンが見て、ゴンもコインランドリーの絵を描きます。

翌日ゴンが凪に絵を渡すと、凪は

「ゴンさん、今、胸がぶわーっとわきました!」

と感動します。 

ゴンが何か言おうとすると、坂本さんが現れ、

「そっち闇です!」

と凪を連れ出しました。

 

コインランドリーで、経営者のおじさんの息子さんにコインランドリーを経営したいと話す凪と坂本さん。

息子さんは若い女の子にはできないだろうと言いますが、負けずに自分の思いをプレゼンする凪、

「私、やってみたいんです。コインランドリー。」

と言うことができました。

 

そこへ緑さん(三田佳子)もやってきて、

「とっておきの場所なのに、とんずらは許さないわよ。」

と援護射撃をします。

坂本さんが東大出身だと知った息子さんは、コインランドリー経営を2人に譲ってくれることになりました。

 

歓び抱き合う凪と坂本さん。

一方、緑さんは

「とんずらは許さないってどのツラ下げて言ってるの」

と1人ごとをつぶやきます。

 

商品集めに苦戦していた慎二でしたが、ぎりぎりで100台集めることができ、それが市川さんのおかげらしいと知らされます。

市川さんにお礼とお詫びを言う慎二に

「同僚じゃないですか。」

と立ち去る市川さん。 

 

シゲタ電機に商品を搬入する慎二に、エリィから電話が入り、慎二は慎一に会いに行きます。

本名で活動するなと慎一を責めますが、逆に相変わらず仮面をかぶって空気読んで生きてると指摘されます。

 

翌日、慎二はイベント中に口が回らなくなり、空気について語るのが苦しそうで、水に溺れるように倒れてしまいました。

 

バブルでコインランドリーを経営する話をする凪とママ達。

焼き鳥の伝統のタレの小分けの話から、ぬか床のことで何かを思い出したようです。

 

慎二の部屋。

市川さんから電話が入ります。

今から来るという市川さんに、慎二は

「ちゃんとするから俺たちのこと。ちゃんと話そう。」

と電話を切ると、すぐにチャイムが鳴ります。

市川さんが来たのかと思いきや、凪でした。

凪は冷蔵庫の中のぬか床を見つけ、慎二にお礼を言います。

 

泣きながら謝り始める慎二。

「ごめんな

あのときごめんな

お前が倒れたの俺のせいだ

わかってやれてなかった

追い詰めた

好きだった

幸せにしてやりたかった

できなかった

ごめんな

ごめん」

 

豆苗を見つめる凪と、なきじゃくる慎二という場面で、第7話は終了です。

 

 凪のお暇 第7話 感想 

f:id:mikeusagitan:20190901113117j:plain

浮彫になった本当の慎二の姿

今回は、慎二の回でしたね~。

お兄さんの登場で翻弄される慎二。

慎二の話からすると、お兄さんがどんだけどうしようもない人なのかって思ったけれど、慎二と会って話している慎一の話を聞くと、逆に慎一の方が健全に生きてるような気さえしました。

 

最後の泣きじゃくりながら凪に本音を言って謝るシーン。

切なかったですね~。

自分も倒れてしまって初めて凪が倒れた時の気持ちが心底わかったのかもしれませんね。 

それにしても、直前までは市川さんとちゃんと向き合おうとしていたっぽいのに、どうなっちゃうんだろう。

市川さんと凪が鉢合わせしちゃいそうって、ハラハラしました。。

 

凪のウィッシュの実現へ

夢とか希望の話になると、「でも」と言うのが口癖になっていることに、みすずさんが気付いて、胸がブワーッとなる世界へいざなってくれましたね。

凪が、コインランドリーを経営するために、おじさんと息子さんに一生懸命に自分の思いを語る姿はグッときました。

「でもって言って、やらない理由を並べて新しいことしない方が楽だけど、ずっとそうしてきたけど、それじゃあ見られない景色があると思うから。」 

今回はこのセリフが一番心に残りました。

自分で手を上げて何かを始めるのって、怖いし、何かあっても人のせいにできないし、心のハードルが高いと思います。

でもその分、胸がブワーッとなる景色を見ることができるかもしれないのですよね。

なんか勇気がもらえるセリフでした。

 

凪ちゃんのTシャツって個性的なのが多いなぁと思っていたけれど、今回、コインランドリーでプレゼンする時に着ていたの、2人組のチンパンジー柄でしたね。

坂本さんと一緒に頑張るっていう意気込みかしら?

これからもTシャツにも注目したいです。 笑

 

どうなる?恋愛模様 

ゴンは凪のことが好きですよね。

エリィはゴンのこと、なんだかんだいって好きそうですね。

市川さんは慎二が好きで、慎二は凪が好きだけど市川さんを好きになろうとしていそう。

気付けば、凪ちゃんモテモテじゃないですか~♡

まさか、コインランドリーが恋人とかって言い出すのかしら。

凪次第でみんなの恋模様がどうなるのか、次回も楽しみですね。

 

長文をお読みいだだきありがとうございました。 

過去の回もよかったら読んでみてくださいね。

 

www.mikeusagi.com 

www.mikeusagi.com 

www.mikeusagi.com 

www.mikeusagi.com 

www.mikeusagi.com